負けないこと

おひとりさまのヨタ話 > 地域 > 負けないこと

負けないこと

2015年1月 6日(火曜日) テーマ:地域

FX取引の経験の浅い方が為替の大切なところを見つけるには、注文を積み重ねていく事が大切です。

 

直前にリスクを嗅ぎとるようにするには、失敗をすることも経験のひとつです。

 

ミスをするといっても命取りとなるほど大きな負けをする事は論外です。

 

やり直せるぐらいの失敗を何度か実践する事が最終的に自身の経験を増やしてくれる。

 

そう考えるとまず最初はわずかな資金でエントリーして、ここでいくつか取り返しが付く間違いをすることを推奨します。

 

ひとつの例として、100万円しか投資できない場合、考えなしで100万円を全て投入して注文すると、負けた時永遠に立ち直れなくなってしまう怖さがあります。

 

それより、たとえば10%ずつ分割して注文して、これでマイナスやプラスを重ねた方が、着実に負けをカバーする方法なども習得するはずです。

 

まずはじめに小さな額で売り買いする事の価値は先に言及したように、自身の経験値を増やし、負けを制御する技術を学習していく事にありますがそれと合わせて、売り買いの回数を増やすことによって、危険性を減らせるという価値もあります。

 

取引で勝てる可能性が5割だとします。

 

同じ確率で損が生じる可能性もあります。

 

勝率50%ということは半分半分の率で利益が出る事を現しています。

 

しかし、全ての資金を賭けて1回こっきりの仕掛けをするということは、勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

これは単なる賭け事と同じです。

 

それは全てのお金を賭けて1度しか仕かけないと、それだけ大損する率が高まってしまうのである。

 

そのため、投資するお金を全額投資するのではなく、少しずつ分けて機会を増やす事がリスク分散となる。

 

また数回に分けたとしてもすべてに勝つ事は大事ではありません。

 

正しく言うと、全て勝つことは出来ないのが実際のところです。

 

トレードで肝心なのは勝つ確率ではなく、いかに儲けるかである。

 

勝率5割でも或いはそれ以下でもプラスにする事は出来ます。

 

5割以上負けてもマイナスが少額ならば、わずかな勝利のプラスで十分利益を上げられます。

 

そのために不可欠な事は、損を少なくして、儲けを大きくして忘れない事です。

 

損したらすぐにロスカット注文して、反対にプラスになる場合は出来るだけ大きく利益を出す事が、FX投資の経験の浅い方がFX取引で儲ける神髄です。

 



関連記事

日差しにきらめく、先輩の腕毛

日差しにきらめく、先輩の腕毛

2015年1月31日(土曜日)

高額な借入金利

高額な借入金利

2015年1月13日(火曜日)

負けないこと

負けないこと

2015年1月 6日(火曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)