妥協しない

おひとりさまのヨタ話 > 活動 > 妥協しない

妥協しない

2015年1月16日(金曜日) テーマ:活動

とうとう開始する時という場面では何よりも事前準備を怠ってはならない。

 

取引を行う前であれば出来事を合理的に見つめる事ができる余裕があります。

 

だけれども、トレードの内側に踏み込んでしまうと、どうやっても見解が主観的になりがちで、状況によってはしっかりとした状況判断ができなくなるリスクがあります。

 

それだけに自分自身の頭の中が合理的な場面で、しっかりと事前準備が大切なのだ。

 

その"準備"とは、あなただけの脚本を考える事から始めます。

 

明日からのあの通貨は下がる(または上がる)から米ドルを売買するというように、自分なりの筋書きを書いていきます。

 

次に大切なのはローソク足チャートをチェックしよう。

 

それまでの相場の推移を確認して、今現在の価格を確かめます。

 

そうすれば、「今は過度に安すぎる場面になっているな」など、そうでなければ「とっくにたくさんの人々がエントリーしているから、この後大急ぎでしかけても手遅れだな」などと判断できます。

 

無論しかけるのが遅すぎるなと感じたならば、エントリーしないで、そこのところはきっぱりと吹っ切ることが大事です。

 

どうあがいてもあなたなりの筋書きを妥協しないで新規エントリーすると、外国為替相場に跳ね返されてかえって損失を被ることになる可能性があります。

 

とは言うものの大体の状況で事前に準備している自身の台本を思い描いておけば、売り(または買い)がやりようがないという状況にはならないと考えます。

 

現実にマーケットが上下動する前のはずだから。

 

次は、とりあえずあなた自身が取引しようと考えているポジションの動きを、チェックすることが重要です。

 

もしも、ドル高に向うはずだという脚本を作ったのであれば、その外貨の動きに気をつけておきます。

 

為替相場の変化を注目し始めた状況ではドルは目立って推移する雰囲気を見せず、上がったり下がったりちょっとした変化を繰り返しているだけだろう。

 

だが、その変化を注目していると、ある場面でじりじりと、円安の方向へと市場が推移し始めます。

 

そこで初めて、ドル円の注文をします。

 

通常は、これだけ十分に事前準備を考えておけば、その注文で利益を上げる割合は相当高くなります。

 



関連記事

中高年はつらいよ

中高年はつらいよ

2015年1月19日(月曜日)

妥協しない

妥協しない

2015年1月16日(金曜日)

4月に生まれた娘が可愛くて仕方ない

4月に生まれた娘が可愛くて仕方ない

2015年1月10日(土曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)